【日比谷】5UNDERS ゴルフレッスン(アドレス編⑧ハンドファースト)

5UNDERS GOLF日比谷、ツアープロコーチ山田直知(ヤマダ タダシ)です。

ゴルフを上達するにはレベル関係なくアドレス(構え方)が重要になります。構え方に対する知識をたくさん持っていて、それを自分のものにできている方は上達の速度はものすごく上がります。

今回、皆様にはアマチュアゴルファーの方に必要なアドレス(構え方)の知識をアドバイスさせていただきたいと思います。

こちらはドライバーと6番アイアンの比較です。一見あまり変わらないように見えると思いますが、実はこの構えには多くの工夫があります

皆様はこの構えをみてプロの工夫をいくつ見つけることができますか?たくさん見つけることができ、それの意味を説明できる方は相当な上級者ですね。

これからプロのアドレスの工夫についてご説明していきます。

今回はハンドファースト量です。

ハンドファーストの量はアイアンよりもドライバーの方が少なくする必要があります。理由はドライバーの方がティーアップをしているためアッパーブローに近く 6番アイアンの方が地面から打つことが多くなおかつスピンを多くかけたいためダウンブローに打つことがほとんどです。6番アイアンではドライバーよりかはハンドファーストを強くする必要があります。

傾斜地などでは、傾斜に合わせハンドファースト量を変えると、ミート率が高くなり上達することができます。またショートアイアンではハンドファーストの量は増えダウンブローの量も増やします。クラブの性能は14本異なります。すべてのクラブの性能を把握し、そのクラブに合わせて構え方を変え自然とスイングがそのクラブに合うように工夫することがゴルフを簡単にさせます。まずはクラブの特性を理解しましょう。

 

 

クラブは各番手に合わせて14本の設計を変えているのが現状です。それを知らないと各番手の正しい打ち方がわからなくなりますので大きなミスショットを連発するのです。私のゴルフレッスンでは、クラブ性能も学んでいただきます。

クラブ性能を理解し、一本一本のクラブの打ち方を理解してから練習しないと上達するのは難しくなります。そうすると構え方の理想が見えて来て、構えがわかるとスイングの答えが見つけやすくなります。

5UNDERS GOLF日比谷のレッスンはあなたのレベルに応じた指導方法を提案させていただきますので、上達が早いのです。5UNDERS GOLF日比谷の研究は妥協のない細やかな研究があるので、簡単に結果が出ます。5UNDERS GOLF日比谷のレッスンはあなたのスライスもフックも直ぐに解決できます。ゴルフのお悩みを抱えてる方はご相談下さい。しっかり根本からアドバイスさせていただきます。次回「アドレス」レッスン③をお楽しみに!

5UNDERS GOLF東京5店舗

銀座店   東銀座駅から徒歩1分

日比谷店  日比谷駅から徒歩1分

丸の内店  東京駅から徒歩3分

恵比寿店  恵比寿駅から徒歩3分

六本木店  六本木、乃木坂駅から徒歩3分

新宿店  2019年4月オープン予定

※手ぶらでいつでもレッスン可能です。